しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」

NHK受信料徴収員の快進撃が止まらない。ホテルや病院、さらにはウィークリーマンションからも受信料を徴収し、その行動の裏付けとなる判決も各地の裁判所で出ている。

しかし、民放各局で働くスタッフに話を聞くと、彼らなりのNHK観やNHKへの対応が見えてきた。

「世間ではNHKの受信料支払いを拒否する人もいます。ひたすら無視する人や面と向かって支払いを拒絶する人もいます。しかし、じつを言えば民放の社員も同じなんです」(テレビ局スタッフ)

同じとはどういうことか。

「東京キー局の社員はおそらくほとんど受信料を払っていないはずです。実際、払っていないという声はよく聞きますが、払っているという人にはあまり会ったことがないですから」(同)

裁判まで起こして徴収している今、なぜそんなことになっているのか。

それは、しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”があるからだ。

その“魔法の一言”とは一体なんなんだろうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事